プラセンタ注射とほうれい線治療について

ほうれい線治療

プラセンタ注射とは、美容注射のひとつです。注射の中身であるプラセンタとは、英語で胎盤といういみで、胎盤から細胞分裂を促進させる成長因子やその他の栄養素を抽出した成分になります。
化粧品やドリンク、サプリメントなどで使われる原材料は動物性のものが多く、豚や牛、馬などのものが使用されており、商品によってはライ麦やバラが原料の植物性のものも販売されています。

プラセンタ注射で使われているのは、ヒト胎盤エキスのものを使われており、ほうれい線の治療を始め、美肌や美白効果、更年期障害、冷え症の改善や精神を安定させるうつ病改善、代謝の向上などの効果を発揮すると言われています。

副作用がほとんど起こることはないとされていますが、体質によっては、発熱や発疹、悪寒などの症状が現れることがあり、この場合にはすぐに投与は中止されます。
クリニックによっては、ほかの薬剤と混ぜた注射を行っている場合があり、相互作用で副作用が出てきてしまう可能性もあるため、安全性を考慮してきちんと説明を行ってくれる信頼のおける医師に治療してもらうことが重要です。


ページTOPへ戻る
しわ・ほうれい線・たるみ