ニキビが悪化すると肌の奥にある真皮にまで影響を及ぼすような状態になります。

ニキビのメカニズム

ニキビには段階があり、初期段階は白、黒、悪化すると炎症を伴う赤、黄色へと発展していきます。

ニキビのメカニズムは、皮脂等が毛穴に詰まって、細菌と結びつく事で発生します、初期段階の白や黒ニキビの場合は、肌の表面の所に発生するものですから、炎症もなく、小さなポツポツが発生するだけですが、それらも悪化していくと毛穴の中で細菌が増殖してしまい、肌の奥にある真皮にまで影響を及ぼすような状態になります。

赤や黄色のニキビは肌の奥にまで影響をあたえますから、ニキビが治った後でも色素沈着やデコボコの跡残りが発生する事もあり、これは非常に治りにくいものです。

ニキビ悪化に至るメカニズムを知っておけば、赤色以上の状態になった時は危険という事が解りますし、黄色になると膿が溜まってしまい、高確率で跡残りが起こってしまいます。

炎症を伴うような状態まで悪化した場合は、医師の指導のもとで治療を行う事が安全で、出来るなら初期段階からケアしておくと良いでしょう。

ページTOPへ戻る
しわ・ほうれい線・たるみ