そばかすとほうれい線の原理と治療方法

ほうれい線の原理

そばかすの原理は紫外線の影響で増えたメラニンが表皮の内側にとどまり、メラニン色素が皮膚に沈着するということです。 茶色く細かいシそばかすがあると肌がくすんで見え、メイクでカバーしきれない場合もあります。 紫外線のほかに、加齢による新陳代謝の衰えも原因となります。

通常新陳代謝を繰り返していくことで皮膚も生まれ変わり、色素も落ちていきますが、新陳代謝が落ちてくると、そのまま皮膚に色素が沈着した細胞がとどまることになります。 また、ほうれい線の原理は加齢による皮膚のたるみからしわが目立つことによります。

ほうれい線が目立つ理由には皮膚の乾燥も大きく影響しており、ヒアルロン酸注入やボトックスが有効です。 そばかすと同じく、紫外線による肌へのダメージが影響することもしわの深さに影響しており、年齢を重ねるにつれ、適切な紫外線対策と積極的なケアが必要となります。 自らに備わっている代謝能力を高めることも大切です。バランスの良い食生活やストレスをためないことも症状の改善に効果が期待できます。


ページTOPへ戻る
しわ・ほうれい線・たるみ