食品に含まれるヒアルロン酸やボトックス

顔

ヒアルロン酸注入やボトックス注射は、気軽にできるアンチエイジングとしてアメリカなどで人気が高くなっています。これらの方法は日本ではまだそれほどよく行われていませんが、ほうれい線やしわなどの治療にかなり有効です。

病院ではトラブルの原因や場所に合わせた最適な施術を受けることができます。ちなみに、ヒアルロン酸は人間の体内にもともと含まれている成分であり、肌の柔軟性や弾力性を保持するという作用があります。しかし、加齢とともにその量が減少してしまうため、結果としてしわやほうれい線ができてしまうのです。
ヒアルロン酸を注入することでこれらの症状を改善できるのですが、ヒアルロン酸は人間の体内に含まれている成分なので安全性が高く、副作用やアレルギーが起きる心配はほとんどありません。ちなみに、食品から摂取することもできますが、その場合は豚足やフカヒレなどを食べる必要があります。

ボトックスとは、ボツリヌス菌の血清型毒素だけを使った注射のことであり、筋肉を弛緩させることでしわをできにくくすることができます。ボトックス注射では、筋肉の収縮時に産生される神経伝達物質の放出を止めることで筋肉の動きを抑制するため、しわを作る動きそのものを止めることができるのです。


ページTOPへ戻る
しわ・ほうれい線・たるみ